羽柴電子工業株式会社

発熱量の簡易計算方法と電子クーラーの選定目安
                                                         ※密閉筐体以外は該当致しません

内部の発熱体によって高温化した密閉筐体を、目標温度(許容)まで下げる為の簡易な計算方法です
                                                      (電子クーラーの機種選定には充分余裕を見て下さい)


@ まず、筐体の表面積を出して下さい。 (自立床置タイプを除く5面です。6面の場合もあります


(高さ×幅×2面)+(高さ×奥行き×2面)+(幅×奥行き×1面)=筐体表面積(u)


A 次に内部発熱量の計算です。 ※熱通過率(W/u・℃):5.5(5.0〜6.0)


(内部実測最高温度−周囲最高温度)×表面積×熱通過率(5.5)=筐体内部総発熱量(W)


B 1℃下げるための必要冷却能力を算出して下さい。


筐体内部総発熱量 ÷ (内部実測最高温度−周囲最高温度) =(W/1℃)


C 内部を目標温度まで下げる必要冷却能力を算出します。


(内部実測最高温度−目標温度) × (W/1℃) = 冷却必要能力(W)

※外気温度より筐体内部温度を低温にする場合は、侵入熱が発生します、加算してください


(周囲最高温度−目標温度)×(W/1℃) =侵入熱(W)


D 安全率:通常の数値は1.3です。

※安全率:筐体の密閉度、内部の空間度、設置場所の風通し・伝導・対流・放射等の熱エネルギー・計算誤差等


(冷却必要能力+侵入熱) × 1.3 = 電子クーラー選定基準冷却能力(W)



 ・安全率の数値:直射日光・炉の附近などに生ずる輻射熱・隣接する機器からの伝導熱等によって大きく異なり、数値が
   2.0以上になる場合もありますので、充分に御配慮願います



 設計中の場合は筐体内の収納機器別発熱目安表から電子クーラーの選定もひとつの方法です。





 Copyright 2002-2014 HASHIBA Allright reserved